カゼのひきはじめに摂るべき栄養素

SAYA160105202992_TP_V.jpg

■風邪対策の基本は「休養と栄養」


風邪には、細菌性のものとウィルス性のものがあります。
いずれの場合も風邪の予防方法は、風邪の原因菌を体内へ入れないことに尽きます。

しかし完全に原因菌の侵入を防ぐのは非常に困難です。もし原因菌が体内に侵入してしまい、風邪をひいてしまった場合には、これらの原因菌に対抗するためには免疫力を上げることが大切です。

つまり風邪の予防と対策の大原則は免疫力を上げることです。そして免疫力を上げるのに最も効果的なのは「休養と栄養」をしっかり取ることです。



■「風邪ぎみかな?」と思ったときに摂りたい栄養素

みなさん栄養のある食事といえば何を思い浮かべられるでしょうか?「風邪」というワードなしに栄養のある食事といえば焼肉と答えられる方も多いのではないでしょうか?以前、セミナーの講師をしていた際に、みなさんお昼は栄養のある食事を食べてくださいねと言ったところ、多くの方が焼肉やうなぎを食べに行かれていました。
でも、風邪の時に焼肉を食べる人は少ないですよね。栄養というのはバランスよく摂ることが重要なんです。毎日でも食べられる料理は比較的バランスが取れていると言っても過言ではないんですよ。
ですから、日常はもちろん、風邪のとき、ダイエット中でも、栄養バランスを考えた食事は大切なんです。


■バランスよく栄養を摂るには


1.ビタミン類を多めに摂る
ビタミンは食事に含まれている栄養素を身体に必要な成分に変換して使う際の潤滑油です。潤滑油が不足すると身体に必要な栄養素が必要な場所へ供給されづらくなるため、抵抗力が弱くなります。そのため、ビタミンが体内で飽和状態になっているほうが風邪の治癒も早くなります。

ビタミン類の中でも特に多く摂りたいものは「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンB1」です。多く含まれている食品は以下のような食品です。

・ビタミンC:レモン、いちご、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリーなど
・ビタミンA:レバー、うなぎ、卵、ニンジン、カボチャ、小松菜など
・ビタミンB1:豚肉、米の胚芽部分(精白米にはついていません)、大豆など

どうしても、バランスの摂れた食事が難しいという方はサプリメントで補助するといいですよ。
サプリメントも薬局やコンビニに行けばたくさん並んでいて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。サプリメントを選ぶ際の注意点を簡単に説明しておきます。
①天然か合成か?
サプリメントには天然のものと合成のものがあるのはご存知でしょうか?どちらが体に良さそうかといえば、誰でも天然を選びますよね。
知らないかたも多いのですが、実はビタミンは石油から作ることができるのです。もちろん、成分としてはビタミンなのですが、体が吸収する際に、腎臓に負担がかかってしまいます。サプリメントの飲み過ぎが良くないと言われるのはこれが原因なんですよ。
②抽出タイプか濃縮タイプか?
天然のサプリメントのなかにも種類があります。それは抽出タイプと濃縮タイプです。違いは何かを説明します。
簡単にいえば、抽出タイプはレモンの絞り汁をイメージしてください。対して、濃縮タイプはレモン丸ごとのイメージです。
絞り汁だけよりも、一個丸ごとの方栄養価が高いのは当たり前ですよね。
私のおすすめサプリメントは次の商品です。興味のある方は参考にしてみてください。

2.水分をたっぷり摂る
水分?と疑問に思われた方も多いかと思います。でも考えてみてください。体の6割が水分でできているんです。その水分を綺麗なものに保つのはとても重要です。毎日2リットルの水を摂っている人でも、水分が入れ替わるのには2週間かかると言われています。もっと少ない人はそれ以上の期間、体内を循環することになります。1ヶ月も2ヶ月も体の中にある水が綺麗じゃないのは容易に想像がつきますよね。そんな汚れた水分が多いと細胞は酸化しやすくなってしまいます。ここで注意することは水分といってもお茶やコーヒーなどではなく、「水」を摂るということです。
着色された水分で洗濯することはないですよね。それと同じです。細胞を洗濯するんだという気持ちで水を摂ってくださいね。


■栄養バランスをとり、免疫を高めた上でさらに効果的な風邪予防法



それは「手洗い」「うがい」「マスク」です。

まず、「手洗い」で雑菌をしっかり取り除き、「うがい」で喉の雑菌を洗い流します。さらに「マスク」で新たな雑菌に触れないように防御します。また「マスク」は、自分が風邪にかかってしまった際に他の人にうつさないために使うことも多いですが、風邪をひいていないときでもたくさんの人が集まる場所へ行く際などは、風邪をひいていなくても風邪から自分を守る意味でマスクをして出かけるほうが安心です。マスクははずしたら捨てて、新しいものに取り替えましょう。あくまで使い捨てのマスクです。ここでもったいないと思ってはいけません。体調を崩して会社に行けなくなるほうがもっともったいないことです。
余談ではありますが、「手洗い」「うがい」「マスク」は風邪だけでなく、インフルエンザにも効果があります。ぜひ、実行するようにしてください。

風邪をひいてから病院に行って薬をもらう対処療法ではなく、風邪をひかない体をつくることを意識してくださいね。




この記事へのコメント